0297-44-7732
Web予約
  • 〒300-2359 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘4-1-4
  • つくばエクスプレス みらい平駅 徒歩6分

ドライアイ

ドライアイについて

目の表面の角膜や結膜を守るには、涙の適切な量と質が必要です。
涙液は、外の埃や細菌から角膜を保護すると同時に、目に入った異物を洗い流し、目を清潔に保つ役割を持っています。目にとって無くてはならない大切なものです。
様々な原因によって、その涙液の分泌量が減ったり、量は正常でも、性質が変わってしまったりすることにより、目の表面に涙液が均等に行き渡らなくなり、目が乾燥してしまう状態を、ドライアイといいます。
ドライアイは、放置してしまうと、角膜や結膜に傷がつき、細菌感染を起こしてしまったり、見え方に影響して、視力が落ちてしまったりすることもあります。

ドライアイの主な症状

ドライアイは、単なる目の乾燥だけでなく、眼精疲労やかすみ目、異物感など、様々な自覚症状を引き起こします。慢性的な目の不快感を訴える方で、実はドライアイがその原因だったという方も少なくありません。

以下に、ドライアイの主な症状を記します。

  • 視界がかすんで見える。
  • 目がひりひりと痛む。
  • まぶたが重たい感じがする。
  • 何度も瞬きをせずにはいられない。
  • 目に何とも言えない不快感がある。
  • 物が見えづらい。
  • いつも目が疲れている気がする(眼精疲労、疲れ目)。
  • 目が乾いていると感じる。
  • 目が赤く充血している。
  • 目にごろごろとした異物感がある。
  • 目やにが頻繁に出る。

このような症状がある方は、お早めに当院までご相談ください。

ドライアイの原因

ドライアイは、涙液の減少や質の低下を原因とした疾患ですが、その背景には様々な要因が考えられます。主な要因を以下に記します。

  • コンタクトレンズの装用
  • 喫煙の習慣
  • 内服薬の副作用
  • 点眼薬の副作用
  • 膠原病などの全身疾患に伴うもの
  • 加齢に伴う涙液の減少
  • 性差によるもの(一般的に男性より女性の方がドライアイになりやすい傾向にあります)
  • 長時間にわたるVDT作業(パソコンなどのモニター画面を見つめる作業)
  • 乾燥(季節的な外気の乾燥や、エアコンの長時間使用による乾燥)

涙液の分泌は、リラックスしたときに優位となる副交感神経に支配されており、ストレス社会に生きる現代人は、涙液の量が減少しやすいとも言われています。
また、不規則な生活や食生活の欧米化、運動不足などの、ライフスタイルによる涙液の質の変化も指摘されています。

ドライアイの市販薬について

ドライアイの症状や原因には様々なものがあり、そのときの目の状態は、眼科での診察を行わないことには、正しく診断することができません。
市販の点眼薬は単に水分を補うだけのものが多く、自己判断で購入してしまうと、ドライアイの原因によっては、全く改善しないどころか、かえって悪化してしまう場合もあります。
原因に合った適切な治療を行うためにも、ぜひ当院までご相談ください。

当院のドライアイ治療について

当院では、眼科専門医である院長による診察のもと、ドライアイの原因に合わせた点眼薬の処方を行っております。
人工涙液やヒアルロン酸製材などの涙液を補う点眼薬や、粘液や水分の分泌を促進する点眼薬を用いて加療を行います。

また、点眼薬での治療が効かない難治性のドライアイの場合、涙点プラグによる治療にも対応しております。涙点プラグによる治療とは、涙の出口である涙点にプラグ(栓)をすることで、涙液の排出を遮断し、目の中に水分を留まらせる治療法のことです。
プラグの材質や大きさは様々なものがあり、外から見てあまり目立たないものを選択することも可能です。

Web予約
診療科目
眼科
院 長
三橋 良輔
住 所
〒300-2359
茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘4-1-4
TEL
0297-44-7732
電話予約は診療時間内でのご対応となっております。
最寄駅
つくばエクスプレス みらい平駅 
徒歩6分
:土曜日は9時から14時まで受付
休診日:木曜午後・日曜・祝日  
手術日:月・火・水・金 13時から15時
眼鏡処方、CL処方は診療終了時間の1時間前までの受付になります。
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00