0297-44-7732
Web予約
  • 〒300-2359 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘4-1-4
  • つくばエクスプレス みらい平駅 徒歩6分

白内障・硝子体・緑内障手術

白内障の手術

手術室

白内障の手術は、大きな全身疾患や特別な理由がない場合を除き、局所麻酔を用いておこないます。
水晶体は、水晶体嚢という外側の袋に、中身である核と皮質がつまっている構造になっています。手術では、白く濁った核と皮質を取り除き、袋の中を空っぽにして、その袋の中に、眼内レンズという人工のレンズを挿入します。
当院では、白内障の日帰り手術に対応しています。

日帰り白内障手術とは

当院は白内障の患者様で、手術が必要と医師が判断した場合は、日帰りによる手術を行っています。患者様によっては、入院しての手術が必要というケースもあります。この場合は、当院と病診提携している総合病院をご紹介いたします。

検査について

患者様にみられる症状や訴えなどから白内障が疑われると診断をつけるための検査を行っていきます。具体的には、視力検査で実際の視力や見え方を確認し、細隙灯顕微鏡検査(網膜に向かって斜めに光を照射し、水晶体の混濁の有無などを調べる)によって、濁り具合を見ていきます。その際に水晶体の混濁が確認されると白内障と診断されます。

治療について

白内障によって目が見えにくいとされる状態を回復させる方法は、現時点では手術療法のみです。ただ、水晶体の混濁が軽度で、日常生活にそれほど支障をきたしていなければ、点眼による薬物療法が行われます。しかしこれは濁りを解消させるものではなく、病状の進行を遅らせるために行われるためのものです。そのため日常生活に支障をきたすほど白内障による視機能障害がみられた場合は、手術療法が選択されます。

手術をする場合、濁った水晶体を取り除き、その代わりとなる人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入していくという内容になります。ただ一口に手術といっても入院か日帰りか、あるいは濁った水晶体を取り除く方法(嚢外摘出術、嚢内摘出術)もいくつかあるわけですが、当院では一般的に白内障手術でよく取り入れられている日帰りによる水晶体乳化吸引術(PEA)を行っています。

水晶体乳化吸引術とは

水晶体乳化吸引術の大まかな内容ですが、まず同手術を行うにあたって点眼麻酔をしていきます(麻酔が切れることがないように手術中も足していきますので、手術中に痛みが出ることはありません)。その後、角膜を2mm程度切開していき、その隙間から超音波乳化吸引装置等を挿入して、超音波(チップ)の振動によって濁っている水晶体を粉砕していきます。その際に水晶体嚢の前面(前嚢)の一部と後方の部分(後嚢)は残します。なお粉砕された水晶体は、超音波乳化吸引装置によって吸引されます。そして濁った水晶体の代わりとなる眼内レンズを挿入して手術は終了します。なお切開部分に関しては、その切開口は小さいこともあって自然と塞がるようになるので縫合処置をする必要はありません。手術時間は個人差ありますが、平均的には4-10分程度で手術終了と思われます。

眼内レンズ縫着術、眼内レンズ強膜内固定術

一般的に患者様(アトピー白内障、眼外傷後、緑内障など)によっては術後に眼内レンズの位置がずれてしまう方や眼内レンズが目の奥に落下してしまうことが稀に起こります。
その場合は眼内レンズを取り出し、新たな眼内レンズを固定する手術が行われます。
当院ではこういった手術も日帰りで行っております。

眼内レンズについて

白内障手術では、濁った水晶体の代わりとなる眼内レンズを挿入していきます。その種類として、大きく単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズに分けられますが、当院では単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズ(選定医療)の取り扱いとなります。そもそも人間の目というのは、近くでも遠くでも焦点(ピント)を合わせることができるわけですが、単焦点眼内レンズを使用する場合、どちらか一方にのみ合います。したがって、近方に焦点が合うレンズか遠方に焦点が合うレンズのどちらかを選択する必要があるので、白内障手術が決まった時点で挿入するレンズのタイプを決めておきます。また、ピントが合わない方の距離については、眼鏡による矯正(遠くを見る場合は凹レンズ、近くを見る場合は老眼鏡)が必要になります。
多焦点眼内レンズは遠方および近方に焦点を合わせますので眼鏡がなくても遠近が見やすくなる可能性が高くなります。(必ずしも眼鏡が必要なくなるわけではありません)

なお、単焦点眼内レンズに関しては、どちらを選択したとしても健康保険が適用(多焦点眼内レンズは保険適用外)されますので、経済的負担は少なくて済みます。

網膜硝子体手術とは

手術室

硝子体内部に起こった疾患を治療する目的で、眼内の出血や濁りなどを硝子体と一緒に除去する手術が網膜硝子体手術です。
硝子体を切除するには、白目の部分に3ヶ所の小さな穴を開け、そこから細い器具を眼内に挿入して眼の中の出血や濁りを硝子体と一緒に取り除き、網膜に生じた増殖膜や網膜裂孔を治して、網膜の機能を回復させます。

手術の大まかな流れ

ほとんどの硝子体手術は、局所麻酔下に行います。
手術室で目の消毒をした後に、目の下の部分に麻酔注射をします。それでも痛みに過敏な方には、術中に適宜麻酔を追加することで、ほとんどの痛みを取り除けます。

  1. まず白目の部分に手術機器を挿入します。

    小さな穴を3ヶ所、開けます。3ヶ所の穴(創口)を開けるのには、それぞれ次のような目的があります。

    • 1つ目:術中に眼球の形態を保つための灌流液(かんりゅうえき)を入れるため。
    • 2つ目:眼内を照らす照明器具を入れるため。
    • 3つ目:硝子体を切除するカッターやレーザープローブなどを入れるため。
  2. 濁った硝子体を切除し、膜を取り除きます。

    出血などで濁った硝子体をカッターで切除します。切除した分量だけ眼内に灌流液が入り、置き換わっていきます。その後は疾患により、網膜上に張った膜をピンセットのような器具でめくったり、増殖膜と呼ばれる分厚い膜をハサミで切り取ったり、網膜にレーザーを照射したりと、必要に応じた処置を行います。

  3. 網膜剥離や黄斑円孔などの疾患は、灌流液をガスに入れ換えて手術を終えます。

    ガスによって剥離した網膜を元の場所に張り戻したり、開いた穴を閉じさせたりします。ガスを注入した患者様には、術後は数日間うつむき姿勢をとっていただきます。また、白内障に罹っている患者様については、白内障手術も同時に行うことがあります。

  • 手術時間はケースによりますが、軽症なら白内障手術を含めて30分程度、重症の場合は1時間半程度かかります。

日帰り硝子体注射とは

硝子体注射とは、硝子体(眼球)に直接的に注射を打つ施術のことを言います。主に針が刺さっても問題がないとされる白目の部分に針を刺し、そこから薬剤を注入していきます。注射の前には、麻酔薬を点眼していき、目の表面や周囲を消毒した後に注射となります。使用する針は極細なので、穴が開いたとしてもすぐに塞がるようになります。注射自体は数分で終わり、外来での接種となりますので、日帰りで行われます。ただ、1度の注射では持続効果の期間が短いことから、一定の間隔で注射を打ち続ける必要があります。なお痛みにつきましては、麻酔が効いた状態での注射となりますので、あまり感じることはありません。

なお硝子体注射は、主に加齢黄斑変性の患者様に使用される治療法です。これは同疾患の滲出型タイプと診断された際に用いられるもので、抗VEGF薬の薬剤を注入していきます。ちなみにVEGFとは、血管内皮増殖因子とも呼ばれ、これはたんぱくの一種でもあるのですが、血管の虚血状態や炎症などをきっかけに増加し、さらに脆くて破れやすいとされる新生血管を増殖させる、成長を促すといった働きもします。この新生血管が症状を悪化させるわけですが、同血管の成長を止める、その血管自体を縮小させるという働きをするのが抗VEGF薬です。その後、糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症といった眼疾患にも効果があることが判明し、これらの治療でも抗VEGF薬の硝子体注射が用いられるようになりました。

同注射によって起こるリスクのひとつに、確率は非常に低いとされていますが、注射部位から細菌が入って感染症(細菌性眼内炎)を発症させることがあります。このようなことが起きないよう、当院では注射後のアフターケアもしっかりしてまいりますので、その後も医師の指示に従うようにしてください。

緑内障の治療と手術について

リカバリールーム

緑内障の治療方法には、点眼薬による薬物療法、レーザー、手術療法がありますが、基本となるのは点眼薬です。その目的は眼圧を下げるために行われますが、房水の生成を抑える点眼薬、房水の流出を促進させる効果があるとされる点眼薬を使用していきます。とにかく視野が回復されることはないので、これ以上進行させないようにします。

なお点眼薬では改善効果がみられない、進行が止められないという場合は、外科的治療が行われます。レーザー治療は日帰り手術として行われ、房水の流出を促進させるために線維柱体にレーザーを照射していきます(レーザー虹彩切開術、レーザー線維柱帯形成術))。さらにレーザー治療では、改善が困難という場合は、線維柱体の一部を切開または切除して、人工的に房水の排出がしやすくなる手術療法(線維柱帯切開術、線維柱帯切除術)が行われます。

Web予約
診療科目
眼科
院 長
三橋 良輔
住 所
〒300-2359
茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘4-1-4
TEL
0297-44-7732
電話予約は診療時間内でのご対応となっております。
最寄駅
つくばエクスプレス みらい平駅 
徒歩6分
:土曜日は9時から14時まで受付
休診日:木曜午後・日曜・祝日  
手術日:月・火・水・金 13時から15時
眼鏡処方、CL処方は診療終了時間の1時間前までの受付になります。
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00