0297-44-7732
Web予約
  • 〒300-2359 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘4-1-4
  • つくばエクスプレス みらい平駅 徒歩6分

緑内障

緑内障について

緑内障とは、視神経の障害により、視野(目に見える範囲)が狭くなっていく疾患です。
40歳以上の20人に1人発症するといわれています。
視神経は、目から入った情報を脳に伝達する重要な役割を担っています。
緑内障は、眼圧(目のかたさ)が相対的に高くなってしまうことで起こります。人によって耐えられる眼圧というのはそれぞれ異なり、数値的には正常の眼圧であっても、人によっては耐えられず、視神経に障害をきたしてしまうという場合もあります。
眼圧は、眼球内を流れている水(房水)の量に左右されます。房水は、毛様体という組織で生成され、隅角から、線維柱体というフィルターにあたる部分を通り、シュレム管という出口を通り、眼外へ出て静脈へと流れていきます。
この房水の出口が狭かったり、フィルターが目詰まりを起こしていたりすると、房水の流れが滞り、眼圧が上昇します。

緑内障の治療

緑内障の治療では、眼圧を下げる効果のある点眼薬を用います。
房水の生成を抑える点眼薬や、房水の流出を促進させる効果のある点眼薬を用いて、眼圧を下降させます。

点眼薬を使用しても、眼圧下降効果があまり見られなかったり、症状の進行が抑えられなかったりする場合は、外科的治療をおこないます。房水の流出を促進するため、線維柱体にレーザーを照射する方法や、手術で線維柱体の一部を取り除く方法がとられます。

上に挙げた治療法は、いずれも緑内障の進行を食い止めるためのものであり、失われた視野は二度と戻ることがありません。緑内障は、日本での中途失明原因の第一位になっている疾患です。
私たちは物を見るとき、目を動かすことによって盲点をカバーするため、視野の障害にはなかなか気づきにくいものです。しかし緑内障は、早期に発見し、なるべく視野が残された状態で、疾患の進行を食い止めることが大切です。40歳を越えたら眼科専門医を受診し、緑内障の検査を受けることをお勧めします。

Web予約
診療科目
眼科
院 長
三橋 良輔
住 所
〒300-2359
茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘4-1-4
TEL
0297-44-7732
電話予約は診療時間内でのご対応となっております。
最寄駅
つくばエクスプレス みらい平駅 
徒歩6分
:土曜日は9時から14時まで受付
休診日:木曜午後・日曜・祝日  
手術日:月・火・水・金 13時から15時
眼鏡処方、CL処方は診療終了時間の1時間前までの受付になります。
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00